自動メンテナンス(自動保守) - DB2 エキスパート
スポンサードリンク

自動メンテナンス(自動保守)

自動メンテナンス(自動保守)

あらかじめ決めた保守アクティビティ、保守時間枠に基づき保守を自動実行すること。


保守アクティビティ

  • バックアップ(DBフルバックアップ)
  • RUNSTATS(統計情報の収集)
  • REORG(再編成)

保守時間枠

  • ライン保守時間枠
  • ライン保守時間枠


オンライン保守時間枠
   ⇒メンテナンス中に対象オブジェクトにアクセス可能

  • オンラインデータバックアップ ⇒ BACKUP DATABASE
  • オンライン索引再作成 ⇒ REORG
  • 統計情報の収集 ⇒ RUNSTATS

オフライン保守時間枠
 ⇒メンテナンス中は対象オブジェクトにアクセス不可

  • オフラインデータベースバックアップ ⇒ BACKUP DATABASe
  • オフライン表再編成 ⇒ REORG
  • オフライン索引再作成 ⇒ REORG



自動メンテナンスの起動方法

  • GUIの自動保守の構成ウィザードから
  • DB2コマンドから(V9.5以降)

DB CFG パラメータ

自動保守   (AUTO_MAINT)
DB自動バックアップ   (AUTO_DB_BACKUP)
表自動保守   (AUTO_TBL_MAINT)
自動RUNSTATS   (AUTO_RUNSTATS)
自動ステートメント統計   (AUTO_STMT_STATS)
統計プロファイル自動作成   (AUTO_STATS_PROF)
プロファイル自動更新   (AUTO_PROF_UPD)
自動再編成   (AUTO_REORG)




コントロールセンターからの自動保守設定

ウィザードに従い、設定する ⇒ 「自動保守の構成」

  • オンライン時間枠 / オフライン時間枠
  • 通知リスト ~ Eメール
  • 自動メンテナンスする保守アクティビティの選択(バックアップ / REORG / RUNSTATS)
  • 保守アクティビティ毎の構成を入力 ⇒ 実行
⇒ 出力
SYSCAT.TABLES STATS_UPDATE列の更新
db2diag.log



このブログ記事について

このページは、DB2エキスパートが2010年1月23日 23:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スロットル・ユーティリティ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

スポンサードリンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261
スポンサードリンク