FORCE APPLICATIONS - DB2 エキスパート
スポンサードリンク

FORCE APPLICATIONS

| コメント(0) | トラックバック(0)
FORCE APPLICATIONSとは、ローカル・リモートのユーザ、アプリケーションを終了させる。
このコマンドは、指定したユーザ、アプリケーションが終了したことを待たずに終わる。

⇒DB2サーバ上の保守を可能にする(SYSADM, SYSCTRL, SYSMAINT)


コマンド

force applications { ALL | AppハンドルNo }

※ AppハンドルNoの確認方法は、
LIST APPLICATIONS コマンド結果の「APPLハンドルNo(Appl Handle)」をチェックする。

注) APPLICATION ID ではないことに注意

コマンド例

force applications ALL

force applications (41088, 55458)


※インスタンス接続が必要になります



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://db2.jinaka.com/mt/mt-tb.cgi/10

コメントする

このブログ記事について

このページは、DB2エキスパートが2010年1月23日 22:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DB2のスキーマ」です。

次のブログ記事は「スロットル・ユーティリティ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

スポンサードリンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261
スポンサードリンク