DB2のスキーマ - DB2 エキスパート
スポンサードリンク

DB2のスキーマ

| コメント(0) | トラックバック(0)
DB2のスキーマとは、以下の通り。

  • オブジェクトを論理的グループ化
  • IMPLICIT_SCHEMA権限により暗黙に作成されることもある。
  • DB内でオブジェクトの固有性を強制させるために使う。
  • CREATE SCHEMA実行者がそのスキーマの所有者となる。
  • スキーマ権限(CREATEIN, ALTERIN, DROPIN)のGRANT, REVOKEが実行できる。

コマンド例

create schema USERSCHEMA authorization USER1
 ⇒ユーザUSER1のスキーマUSERSCHEMA を作成する


create table USERSCHEMA.TBL1 .....
 ⇒USERSCHEMA配下にテーブルTBL1を作成する

スキーマに含められるオブジェクト

  • ビュー
  • ニックネーム
  • トリガ
  • 関数
  • パッケージ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://db2.jinaka.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

このブログ記事について

このページは、DB2エキスパートが2010年1月23日 00:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スケジューラ」です。

次のブログ記事は「FORCE APPLICATIONS」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

スポンサードリンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261
スポンサードリンク