DB2コピー・DB2インスタンス - DB2 エキスパート
スポンサードリンク

DB2コピー・DB2インスタンス

| コメント(0) | トラックバック(0)
DB2はDB2コピーという概念を持ち、一つのOS上に複数のDB2製品を分けてインストールできます。
バージョンの異なるDB2が一緒に稼動することも可能です。


WS000000.JPG
図1 DB2コピー・DB2インスタンスの絵(クリックすると拡大します)


DB2コピー
 ⇒製品のインストールパス

DB2インスタンス
 ⇒論理的なデータベース・サーバ環境


DB2インスタンスを操作するにはDB2環境変数をセットします。
 ⇒DB2INSTANCEを設定

※インスタンスdb2inst1 の操作をするために環境変数をセットする
Linuxの場合、 export DB2INSTANCE=db2inst1
Windowsの場合、set DB2INSTANCE=db2inst1

インスタンス名を環境変数DB2INSTANCEに設定することにより、そのインスタンスを操作できます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://db2.jinaka.com/mt/mt-tb.cgi/2

コメントする

このブログ記事について

このページは、DB2エキスパートが2009年12月17日 01:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DB2エキスパート(管理)試験 000-731(V9) について」です。

次のブログ記事は「インスタンス接続、DB接続」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

スポンサードリンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261
スポンサードリンク