インスタンス接続、DB接続 - DB2 エキスパート
スポンサードリンク

インスタンス接続、DB接続

| コメント(0) | トラックバック(0)
DB2では、接続方法には2通りあります。

一つは、インスタンス接続
もう一つは、DB接続

instance-db-connect.jpg



インスタンス接続

インスタンス接続 ⇒ ATTACH TO [ノード名]  ( ATTACH TO myinst )
インスタンス切断 ⇒ DETACH [ノード名]  ( DETACH myinst )

DBの外側を操作する場合の接続方法

  • DB作成
  • DB削除
  • DBM CFG 編集
  • DB CFG 編集
  • DBバックアップ
  • DBリストア
  • アプリ強制終了 ⇒ FORCE APPLICATION {ALL|AppハンドルNo.}

※FORCE APPLICATION にセットする AppハンドルNo.は、LIST APPLICATIONSで確認できます。APPL HANDLEの項目がAppハンドルNo.です。アプリケーションIDではないので注意してください。

インスタンスの操作

※DB2環境変数 DB2INSTANCE=[インスタンス名] をセットした上で行う。

  • db2icrt - インスタンス作成
  • db2idrop - インスタンス削除
  • db2iupdt - インスタンス更新
  • db2start - インスタンス開始
  • db2stop - インスタンス停止


DB接続

DB接続 ⇒ CONNECT TO [DB名]   ( CONNECT TO mydb )
DB切断 ⇒ DISCONNECT [DB名]   ( DISCONNECT mydb )
DBの内側を操作する場合の接続方法

  • DML,DDL,DCLのSQL実行
  • アプリケーションコンパイル、バインド(BIND)
  • ロード(LOAD)
  • エクスポート(EXPORT)
  • インポート(IMPORT)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://db2.jinaka.com/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、DB2エキスパートが2009年12月17日 20:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DB2コピー・DB2インスタンス」です。

次のブログ記事は「DB2管理サーバ(DAS)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

スポンサードリンク

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261
スポンサードリンク