DB2 エキスパート
スポンサードリンク

自動メンテナンス(自動保守)

自動メンテナンス(自動保守)

あらかじめ決めた保守アクティビティ、保守時間枠に基づき保守を自動実行すること。


保守アクティビティ

  • バックアップ(DBフルバックアップ)
  • RUNSTATS(統計情報の収集)
  • REORG(再編成)

保守時間枠

  • ライン保守時間枠
  • ライン保守時間枠


オンライン保守時間枠
   ⇒メンテナンス中に対象オブジェクトにアクセス可能

  • オンラインデータバックアップ ⇒ BACKUP DATABASE
  • オンライン索引再作成 ⇒ REORG
  • 統計情報の収集 ⇒ RUNSTATS

オフライン保守時間枠
 ⇒メンテナンス中は対象オブジェクトにアクセス不可

  • オフラインデータベースバックアップ ⇒ BACKUP DATABASe
  • オフライン表再編成 ⇒ REORG
  • オフライン索引再作成 ⇒ REORG



自動メンテナンスの起動方法

  • GUIの自動保守の構成ウィザードから
  • DB2コマンドから(V9.5以降)

DB CFG パラメータ

自動保守   (AUTO_MAINT)
DB自動バックアップ   (AUTO_DB_BACKUP)
表自動保守   (AUTO_TBL_MAINT)
自動RUNSTATS   (AUTO_RUNSTATS)
自動ステートメント統計   (AUTO_STMT_STATS)
統計プロファイル自動作成   (AUTO_STATS_PROF)
プロファイル自動更新   (AUTO_PROF_UPD)
自動再編成   (AUTO_REORG)




コントロールセンターからの自動保守設定

ウィザードに従い、設定する ⇒ 「自動保守の構成」

  • オンライン時間枠 / オフライン時間枠
  • 通知リスト ~ Eメール
  • 自動メンテナンスする保守アクティビティの選択(バックアップ / REORG / RUNSTATS)
  • 保守アクティビティ毎の構成を入力 ⇒ 実行
⇒ 出力
SYSCAT.TABLES STATS_UPDATE列の更新
db2diag.log



このエントリーを含むはてなブックマーク   Yahoo!ブックマークに登録   この記事をクリップ!   BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク   FC2ブックマーク   newsing it!   @niftyクリップに追加

スロットル・ユーティリティ

| コメント(0) | トラックバック(0)
スロットル・ユーティリティとは、次の操作の進行状況をモニタリングするための機能。
通常トランザクションへの影響度を操作するために利用する。

  • バックアップ
  • リストア
  • クラッシュリカバリー
  • ロード
  • 再編成

指定するタイミングは2パターンある。

1.事前に指定

update db cfg using UTIL_IMPACT_LIM 10


2.実行中に指定

set UTIL_IMPACT_LIM for [ユーティリティID] to [プライオリティ 0-100]

※ユーティリティIDは LIST UTILITY コマンドから取得する

このエントリーを含むはてなブックマーク   Yahoo!ブックマークに登録   この記事をクリップ!   BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク   FC2ブックマーク   newsing it!   @niftyクリップに追加

FORCE APPLICATIONS

| コメント(0) | トラックバック(0)
FORCE APPLICATIONSとは、ローカル・リモートのユーザ、アプリケーションを終了させる。
このコマンドは、指定したユーザ、アプリケーションが終了したことを待たずに終わる。

⇒DB2サーバ上の保守を可能にする(SYSADM, SYSCTRL, SYSMAINT)


コマンド

force applications { ALL | AppハンドルNo }

※ AppハンドルNoの確認方法は、
LIST APPLICATIONS コマンド結果の「APPLハンドルNo(Appl Handle)」をチェックする。

注) APPLICATION ID ではないことに注意

コマンド例

force applications ALL

force applications (41088, 55458)


※インスタンス接続が必要になります



このエントリーを含むはてなブックマーク   Yahoo!ブックマークに登録   この記事をクリップ!   BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク   FC2ブックマーク   newsing it!   @niftyクリップに追加

DB2のスキーマ

| コメント(0) | トラックバック(0)
DB2のスキーマとは、以下の通り。

  • オブジェクトを論理的グループ化
  • IMPLICIT_SCHEMA権限により暗黙に作成されることもある。
  • DB内でオブジェクトの固有性を強制させるために使う。
  • CREATE SCHEMA実行者がそのスキーマの所有者となる。
  • スキーマ権限(CREATEIN, ALTERIN, DROPIN)のGRANT, REVOKEが実行できる。

コマンド例

create schema USERSCHEMA authorization USER1
 ⇒ユーザUSER1のスキーマUSERSCHEMA を作成する


create table USERSCHEMA.TBL1 .....
 ⇒USERSCHEMA配下にテーブルTBL1を作成する

スキーマに含められるオブジェクト

  • ビュー
  • ニックネーム
  • トリガ
  • 関数
  • パッケージ


このエントリーを含むはてなブックマーク   Yahoo!ブックマークに登録   この記事をクリップ!   BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク   FC2ブックマーク   newsing it!   @niftyクリップに追加

スケジューラ

| コメント(0) | トラックバック(0)
スケジューラとは、タスクセンターにログオンする度ごとにスケジュラにもログオンタスクを管理するDB2システムのこと。
このエントリーを含むはてなブックマーク   Yahoo!ブックマークに登録   この記事をクリップ!   BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク   FC2ブックマーク   newsing it!   @niftyクリップに追加
スポンサードリンク